福岡オゾン科学研究会

現在、日本をはじめ世界の環境は悪化の一途をたどり、特に地球温暖化に伴う気候の変動は私たちの生活や社会活動に大きな影響を及ぼしていることを日々の生活や情報等で実感する状況になってきました。

日本政府は、2015年7月に気候変動枠組条約事務局へ提出した約束草案で、2030年度に2013年度比で26.0%の温室効果ガスを削減するという新たな目標を定め、先進国としての責務を果たすべき取組みを推進していくことになりましたが、温室効果ガスの大気中濃度を自然の生態系や人類に悪影響を及ぼさない水準で安定化させるという気候変動枠組条約の目標を達成するには多くの課題を克服していく必要があります。

日本の「ものづくり」の力や技術力が高く評価されたのはひと昔前の話しです。もちろん、今でもそれらの日本の技術の高さを世界中から評価されていることは事実であり、日本国民として誇らしくも思いますし、日本はこれまで国内外の様々な情勢や変化に対応しながら、電力や熱といったエネルギーを効率的に使用する設備や機器、資材、素材等を開発、実用化し、生産コストを低減することにより国際競争力の堅持に大きく貢献してきた歴史が有り、その技術力は世界から高い評価を受けています。

しかしながら、未来の環境を豊かにするオゾンの技術に関してはまだまだフランスをはじめとする欧米各国に遅れをとっていると言わざるを得ません。

近年の日本は、地震をはじめとする災害を数多く経験することとなり、エネルギー利用を見直す意識が高まってきており、更に省エネ効果が高い技術が求められるとともに、太陽光や風力等をはじめとする再生エネルギーが、今後の社会を支えるエネルギーとして注目されるなど、社会の変革が求められています。

物事には優先順位(重要性と緊急性等)があり、太陽光や風力等をはじめとする再生エネルギーに注目が集まることは十分理解できますが、平時の際の環境技術開発も怠るわけにはいきません。

日本国内外における環境保全や地球温暖化対策等に資する技術に関する調査研究、情報の収集と提供及び事業支援等を行うことにより、日本国内外の環境にかかわる諸課題の解決や地域の活性化、更にそこで生み出される知見等を積極的に活かすため、福岡オゾン科学研究会は設立されました。

特に、オゾンに関する情報については、技術面や科学的知見、データ等、当研究会の会員様以外にも有益な情報を配信しておりますので、是非ご活用下さい。